新着情報

予防歯科を行うメリットって何?

2021年5月10日

カテゴリ

みなさん、こんにちは。横浜市日吉駅にある歯医者さん、ながい歯科です。時より「予防歯科は本当に必要?メリットって何?」と、疑問の声が聞こえてきます。一昔前までは「むし歯になったら歯医者さんで治療を行う」ことが一般的な考えであったため、馴染みがない人も少なくありません。そこで今回は、予防歯科を行うメリットについて、詳しくご紹介して行きます。

予防歯科とは?

むし歯や歯周病など、一般的な治療を行う分野を一般歯科と言います。一方、むし歯や歯周病にならないように、事前に予防処置を行う分野を予防歯科と言います。

冒頭でお伝えしたように、一昔前は「むし歯になったら歯医者さんで治療を行う」ことが当たり前であったため、年齢を重ねるにつれて、歯を失っていく人も少なくありませんでした。

歯を失うと、二度と生えてくることはありません。
歯の代わりとしてブリッジや入れ歯の治療が行われることが一般的でありますが、自身の歯と異なり、噛む力を発揮することが出来ず、思うように食事を楽しめなくなってしまうことも多くあります。

健康な歯を生涯に渡り維持することが求められ、むし歯や歯周病を未然に防ぐため、以下の処置などを行います。

定期健診

むし歯や歯肉の炎症の有無、粘膜などに治療すべき疾患などがないか確認を行います。

歯のクリーニング

歯ブラシでは除去できない汚れを専用の機械や研磨剤を使用して除去していきます。

スケーリング

歯磨きでは除去できない歯石を、スケーラーなどを使用して除去していきます。

ブラッシング指導

正しい歯磨きの仕方を身に着けることで、むし歯や歯周病予防へと繋げていきます。

フッ素塗布

むし歯予防に効果的なフッ素を歯面に塗布することで、むし歯に強い歯にしていくことができます。

メリットは?

予防歯科は以下のようなメリットがあります。

むし歯や歯周病を未然に防ぐ、または早期発見

定期的に健診を行うことで、むし歯や歯周病などの疾患を未然に防ぐ、または早期に発見することできます。治療を最小限に抑えることができ、自身の歯も維持していくことが可能となります。

お口の健康を長く維持し続けられる

定期的に予防処置を行うことで、むし歯や歯周病を未然に防ぐ、または早期発見することができれば、自身の歯を生涯に渡り維持することができ、食事を楽しむことができます。

歯医者さんにかかる費用を抑えられる

予防処置を行わない場合には、むし歯治療や歯周病治療などに伴い被せ物や、入れ歯、インプラントといった費用も歯を失う度にかさんでいきますが、予防処置を行うことで、歯医者さんにかかる費用を最小限に抑えることができます。

定期健診のすすめ

80歳までに20本の歯を維持できていれば、生涯に渡り不自由なく、食事を行うことができると言われています。日本歯科医師会では80歳までに20本の歯を維持できるように「8020運動」を行っています。

当初全体の7%程しか80歳までに20本を維持することができていませんでしたが、予防を呼びかけることで、2016年度には51.2%との人が80歳までに20本の歯を維持することができたと報告がありました。

健康な歯を生涯に渡り維持することは、生活の質に繋がっていきます。食べ物を歯で噛み砕き、栄養を摂取することは私たち人間にとって、生きるための重要な行為です。

定期健診を受け、必要な予防処置を行い、末永く健康な歯を維持してきましょう。

以上、今回は予防歯科を行うメリットをご紹介して参りました。横浜市日吉駅にある当院、ながい歯科でも予防処置を積極的に行っております。「むし歯ができたら歯医者さんに通う」ではなく、「むし歯にならないように、定期的に歯医者さんに通う」ことを意識して、日々お口の中の健康と向き合っていきましょう。